無人航空機飛行ルール

ドローンリープは時間制

ブログ

Drone Leapが時間制を採用している理由は・・・

開業当初はカット数で料金を頂いておりましたが、撮影が30分で終了するときもあれば、
4時間以上かかるときもあり、予定が組みにくいなぁと感じました。
そんな中、お客様10名に、時間制とカット数どちらが良いですかと尋ねたら
8名のお客様から時間制のほうが良いと回答を頂きました。

お客様の声をまとめると「カット数(有効カット数)だと撮影はそれ以上撮影するし、終わりの時間が読みにくく
料金も高くなることがある。時間制なら終わりの時間も読めるし、時間延長をしない限り料金も一定、時間内ならカット数に制限がないから、
安心して依頼できる」でした。
私も次の予定が立てやすいのと、お客様が安心していただけることが何よりなのでこれで良かったと思っています。

余談ですが、撮影依頼は多い順に4時間、2時間、6時間、8時間の順番です。
各時間とも、時間ギリギリまで撮影することはほとんどなく、時間内に終わることが多いのが現状です。

同業の方から「それじゃぁ儲からないね」と言われることもありますが、ドローン撮影もサービス業・接客業だと思っています。これからも「カスタマーファースト」で運営していきます。

コメント